貯金箱

ブランデー等の洋酒は高価買取業者に売って現金に

お茶の道具を売却

茶道具

お茶の道具を売却する際、買取サービスを利用したいと思っている方は多いでしょう。今回はいらなくなった茶道具を専門的な店舗に売却しようと考えている方の背中を押してみたいと思います。

詳しく読む

高く売れる中国切手

老人

切手は世界中にあります。おとなりの国、中国にも。そして、この「中国切手」が今、特にアジアのコレクターたちにとっては垂涎の的となっているのです。買取店に持っていけば、高値で引き取ってもらえます。

詳しく読む

骨董品の流行

焼き物

骨董品の買取・販売が流行している今、特にその中でもさかんに売り買いされているものがあります。高く売りたいのであれば、これからお店に持って行こうと思っている品物が流行りに合っているかどうか、確かめる必要があるのです。

詳しく読む

洋酒以外でも対応

お酒

ブランデー以外も買取りは可能か

お酒の買取と聞くと、ビンテージもののワインやブランデーなどの洋酒を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、買取可能なお酒は、これだけではありません。お店によって違いはありますが、基本的にはほとんどの種類のお酒が可能となっています。ただし、品質に関しては詳しくチェックされます。ワインやブランデーなどであれば、コルクの破損や、中身の変色などがあれば、買取できません。また、ビールなどの場合は賞味期限が近いものや、過ぎたものも、できませんので、査定の前に確認しておきましょう。ワインやブランデーなどは、品質管理が難しいため、個人の場合は賞味期限がはっきりしているビールなどの方が買取ってもらえる可能性が高いと言えるかもしれません。興味のある方は、ビールなどの買取も可能か、お店に確認してみましょう。

買取査定方法とお店の選び方

ブランデーなどお酒の買取には、大きく分けて店頭と郵送の二つの買取方法があります。店頭の場合、自分のお酒をお店まで直接持って行き、価格に納得できない場合、その場で持ち帰ることができます。一方、郵送買取の場合は、ホームページやメール等である程度の査定を行なってもらい、商品を郵送した後に、お金を振り込んでもらいます。どちらも一般的に行なわれている方法ですが、ここで注意したいのは、お店の選び方です。お酒の買取を行なう業者には、お酒の種類によって得意、不得意があります。そのため、ワインは高額で査定してもらえているのに、ブランデーはそれほどでもなかったということがよくあります。このような事態を避けるためにも、それぞれのお店が詳しい種類を、インターネット等で確認した上で、それぞれのお店が得意なお酒を買取ってもらうようにしましょう。